にじます祭&飼育日記

にじます祭のご案内です。どうぞお気軽にお越しください。
27回にじます祭
今回は新企画盛り沢山で、これまでの「にじます祭」以上に盛り上げます
小学校・中学校・高校と皆さんの御協力を得て新企画をいくつかご紹介できたらと考えております。追って、このブログ内にて企画内容の一部をご紹介できたら嬉しいです。

飼育日記③
16~19目のにじます稚魚達
NEC_2141.jpg
大きくなってきました元気に成長しています。
エアが強すぎると水流に流されすぎて疲れて可哀想なので、ストローの曲がる部分辺りに小さく小さく穴を開けてエアを調節するか、チューブホースをクリップor洗濯ばさみで挟んでエアを調節すると良いです。

室温が14~5℃位の場所に置いてあると、卵の袋(ヨークサック)が小さくなっている頃かと思いますが、餌はまだまだ大丈夫です。
水質が悪くなるので餌はあげずに水だけを交換してくださいね。
ちなみに当漁協の設置場所は廊下で5~9℃です。

孵化しました。

飼育日記②

休み明け、今朝出勤したら「にじます」孵化していました。
最初に頭だけチョコンと出し、数分~数時間後 くるくるっと回って尻尾を出すんです。
決定的瞬間を動画で撮ろうと構えると一向に。。。撮影を諦めていると
その瞬間を見られました。私と同じでカメラは苦手なんでしょうね(笑)

配布から今日で 11日~12日目。まだ生まれていない卵もありますが
1~2日の間には全て孵化すると思います。

お腹に卵の栄養の袋(ヨークサック)があるので餌は必要ないんです。
ペットボトル3本に分けて育てていましたが、発眼卵配布の時に行けなかったけれど育てたいと後日来て下さった方にお裾分け。
なので2本のペットボトルで育てています。
エアーが稚魚に直接強くあたらないように調整しています。

育て鱒タ~


2月4日5日で富士宮市役所にて、にじますの発眼卵を配布致しました。
市内外からたくさんの方がお越しくださり、どうもありがとうございました。

もちろん当漁協でも育てています
飼育日記①
NEC_2116.jpg
 左から 2月4日に   2月5日に   2月10日にと、ペットボトルに発眼卵をセットしました。
今日現在、まだ孵化していませんが楽しみです。追って報告致します。

昨年は事務所内の昼間は暖房のある部屋で育てたら・・・3週目位で全滅放流できなかったんです。。。
今回は温度差の少ない廊下で育てています。
にじますは水温15℃までが望ましいんです。頑張って育て鱒

お知らせです

2月4日(木)5日(金)に富士宮市市役所にてニジマスの発眼卵を配ります。
(詳細は下記をご覧ください)
1ヵ月後の3月6日(日)に、にじます祭があります。
その関連でご自宅にてペットボトルを使用してニジマスの発眼卵から孵化させ育てて、約1ヵ月後「にじます祭」で稚魚を放流してみませんか

子供たちにはとっても良い観察が出来ると思います
昨年、私は育てているペットボトルを仕事から帰宅してはジッと眺めていました。
孵化する瞬間は見る事ができませんでしたが、成長の様子を観察できました。
放流するまで水を替えるだけで餌は必要ないんです。
ぜひ、お近くでしたら挑戦してみてください。
プロフィール

富士養鱒漁協

Author:富士養鱒漁協
静岡県富士宮市にあります富士養鱒漁業協同組合です。
富士宮市は「にじます」生産量が日本一です。
富士山の湧水で育った「にじます」の生産・加工・販売をして北海道から沖縄まで全国に出荷しております。また、「にじます」は「市の魚」に制定されています。

カレンダー
01 | 2016/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
カテゴリ
最新コメント
QRコード
QR